2009-04-19 13:38:56
猪突「蒙」進
CapD20090418.jpeg

少し前に、日本で自宅で作るヨーグルト、ケフィアというのがはやりましたね。
中国では自家製ヨーグルト(ケフィア)の前に、 プレーンヨーグルトというものが売っておらず、無糖ヨーグルトの概念がないようです。 すべて、加糖ヨーグルト(通常のヨーグルトもドリンクタイプのヨーグルトもあります)です。
日本のここ数年間の、健康志向ブームで、プレーンや微糖のヨーグルトに慣れた僕にとっては、 中国のヨーグルトには過度な甘さを感じてしまいます。 身体にもよくない程の糖分がはいっているので、危険だなぁなどと考えてしまいます。

去年の中国の乳業業界は、粉ミルク偽装、メラミン混入の問題から大きな打撃を受け、 事件当時は、スーパーなどで「三元」と一部の「光明」以外がほとんど商品陳列されなくなりましたが、2009年春の現時点では、また以前と同様に、ほとんどの乳製品ブランドがならぶようになって来ました。
乳製品は、蒙牛、三元、光明、伊利、三鹿などが大きなシェアをもっていますが、 実際のところ、どこが安全性が高いのかについては不透明です。 通常、日本ですと、安全性は絶対条件で、 その上で、食品のおいしさ、機能性など、プラスアルファの非価格条件と価格条件で 競争が展開されますが、なにしろ、消費者からすると、中国の乳製品については、「安全性」がみえず非常に困る状況です。
去年のこうした乳業業界の問題からも明らかなように、 この食品安全性に対する需要が高まり、また業界から真の情報(虚偽ではなく)が 出やすくなってきていることは、「安全性」という大前提が確立される兆候であり、 消費者からすると望ましい環境になるでしょうね。

「三元」などが、歴史は古く「国家御用達」を全面的に打ち出しているのに対し、「蒙牛」などは、その「おいしさ」からシェアを一気に伸ばした会社で、他の国のお抱え企業の雰囲気がなく、優良企業と思っていましたが、去年の事件ではその当事者でもありました。
しかし、僕はやはり「蒙牛」の企業スピリッツは、攻撃的で、おいしい製品を追求し、機能性ヨーグルトを展開する速度が速いことからも、これから伸びるだろうと思います。 友人達も、蒙牛の指定買いをするファンが多いのです。
長期保存牛乳製品でも、新しいブランドが高級感があり、スーパーでも広いスペースをしめてきています。 安全性については、乳業業界全体として、次第に改善し、最低限の条件としてそれらへの社内的認識、社会的監視という基盤ができてくると思いますから、次のステップは、本当の意味での非価格競争・付加価値競争です。

僕個人としては、乳製品業界のパワフル異端児「蒙牛」がプレーンヨーグルトを出してくるのではないかと、消費者として非常に期待しています。 ※日本の朝日ビール現地子会社などが、かなりシェアは低いですが牛乳だけでなくプレーンヨーグルトをだすのでは?とも思いますが、やはり、ここは現地企業「蒙牛」がイッポさきにいくのでは。。。。



関連した情報ランキングへのリンクです。
人気ブログランキングへ
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-04-19 13:33:55
記念写真
※時系列はバラバラです。

forWEB2.jpg
2010年参議院議員選挙、史上最年少立候補した時の掲示ポスター(政治家デビュー!)


artif01.jpg
なんちゃってコラボ


kyueikan_s.jpg
邱永漢氏


DSCF1325_s.jpg
ムハマド・ユヌス博士(ノーベル平和賞受賞者)


DSCF2298_s.jpg
タイの大使@北京(笑うところですww)


DSCF1835_s.jpg
バングラディシュの大使@北京(特に笑うところではないですww)


IMGP2189_rev.jpg
竹中平蔵氏


DSCF0475_s.jpg
埼玉県日中友好協会・山西省植林事業(上田埼玉県知事)

| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-04-18 04:57:51
プロフィール(自己紹介)・著作権等について
中川幸司(なかがわこうじ)
戦略研究家(ストラテジスト)
(NAKAGAWA Koji : Strategist)

open_photo01_s2.jpg

略歴
1980年2月29日生まれ
埼玉県行田市出身
慶應義塾大学商学部卒業(2002年)、北京大学大学院光華管理学院戦略管理系修士課程修了(2008年)。
アジア経営戦略研究所(独立系シンクタンク)上席コンサルティング研究員(現職)。NINJAsu(学生協働支援国際NGO)理事長(現職)。その他多数の団体・企業経営者として現職、各種メディアでも戦略研究者・実業家として活躍中。

1999年慶應義塾大学商学部在籍中(19歳当時)にITシステム開発およびITコンサルティングを主事業としたベンチャー企業を設立。2002年より大学卒業後は英国、中国に渡り、コンサルティング事業拡大とともに経営学の研究をすすめる。国際的な知識を基礎としながら、アジア地域および日本の競争力に強く関心を持ち、学術的交流と事業展開による実践から国家戦略、行政組織戦略、営利企業戦略、非営利組織戦略を研究する。現在の主な研究テーマは「アジア地域の企業戦略」、「ICT政策による日本の国際競争力強化」、および「国際的市民活動組織の経営戦略」。

読書はSF、食事はフレンチ、その他イギリス的な文化を全般的に好む。トレードマークは多種の眼鏡とネクタイ。



-----------------------------------------------------------

!!ご注意!!
こちらのブログ文章等の原文著作権は「中川幸司」本人に帰属します。
また、運営面での著作権は私が研究員をつとめております「アジア経営戦略研究所」にて一括管理しておりますので、転載・転用等のご相談がありましたらそちらまでご連絡ください。
http://keisenken.jp/
(トップページのお問合せ代表メールアドレスにご連絡ください)
ブログの内容により被った損害等について「中川幸司」および「アジア経営戦略研究所」は一切の責任を負いません。
ブログの内容は「中川幸司」が新聞、雑誌、学術書、ネット等の二次ソースおよびインタビュー、アンケート等の一次ソースより収集した情報をもとに編集しています。
文章の直接的な引用は原則としてしませんが、実際に引用が必要な箇所には、注釈を付記します。
画像、グラフ等については、イメージを伝えるために(こちらの手元に画像データ等ない場合に)、特に公開情報となっているインターネットソースより直接的な引用をする場合があります、引用の際にはマイナスイメージにならないように心がけます、また使用について問題点を発見された方はすぐに当該箇所の訂正をいたしますので、ご連絡を下さい。
ブログの内容はぜひ多くの方にご覧いただきたいのですが、内容の無断改ざんにより、誤った情報が伝達されるのは本意ではありませんので、無断転載・転用はご遠慮ください。

-----------------------------------------------------------
| comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73