2011-06-18 12:24:27
ポコ・よ・ポコ
Poko Bagel Cafe.jpg

 上野の駅ナカショッピングが増強されてから数カ月がたちました、その間に僕は東京滞在が3回あったので、何度か買い物をぐるぐるみてまわったのですが、新しくできたベーグル屋さんに行かれた方いますでしょうか??Poko-bagelポコベーグルというお店で、犬のマークが描いてあります。
そもそも日本でのベーグル業界も成熟してきて、群雄割拠の時代からいくつかのチェーン店化した大手が誕生するようになりました。ジュエノスベーグル(http://www.junoesque.jp/)やベーグルベーグル(http://bagelbagel.jp/)などは業界最大手とおもいます。今回上野駅で珍しかったのでポコで買ってみました。封入されていた説明書によると、日本初の「モントリオール式ベーグル:http://www.poko-bagel.co.jp/」(僕は知らなかった!)ということでした。ん?なんでしょうかモントリオール式とは??
説明書によれば、「塩を使わず、グラニュー糖を使用する、卵を使用する、ゆでる(ケトリング)するお湯にハチミツを入れる」とのこと。むーー、これだと通常のパンと、ベーグルの間のような感じですねぇ。確かにケトリングの工程があるのでベーグルの基本はみたしていますが、果たして、砂糖や卵を使わないという原則まで外してしまっていいものかどうか、、というところです。

僕がベーグルを好むのは、パンよりもカロリーが低く、健康志向な食品だからです。たしかにもちっとした感覚やまたハードタイプのどっしりとした食感などもベーグルの楽しさの一つですが、なによりも、パンよりもバターや砂糖をつかわないのでヘルシーということで選んでいました。というか、それがベーグルの最大の魅力であったとおもいます。

しかし、このポコだと、その魅力が無い!!!



実際に僕が購入したのは上野駅のポコで売られていたプレーンのベーグル、そして調理ベーグルの一つで、ツナオリーブピクルスベーグル、いくつかのスコーンでしたが、はっきりいってどちらも「美味しい!」。うん、これは間違いないです。ツナオリーブピクルスベーグルはベーグルの美味しさと中に入ったたっぷりの具材も相当に上品に考慮された配合で、僕は人生の中で上位5番以内に入るほど美味しい「ツナサンド」だと断言します。
ちなみにさらに詳細を述べれば、一般的にツナサンドは、魚の匂いがきつくなるのでどうしても安っぽい味になりがちなのですが、これをオリーブが上品にさせて、またほどよいピクルスの配合割合がパーフェクトなバランスです。しかもツナの生臭さを消し安っぽさをマヨネーズ等の調味料でごまかすことも出来るのですが(調味料を味付けではなく、臭み消しとして利用するのは多重利用で、これは下手なツナサンドにある下手な方法です。本来は、調味料による味付けと、別のハーブ等での臭み消しを別の機能として分けるべき。)、過度にそのようなことはしておらず、ツナのパンチ、オリーブの上品さ、そしてピクルスが冷静さを与えて、すかさずベーグルの旨みにバトンタッチ!ツナの旨みがデクレシェンドしていくのと同じインパクトで、パン(ベーグル)の小麦粉の甘味もゆるやかに薄れ、最後に同時に口からふんわりと消えていく。この見事な連携が素晴らしい「ツナサンド」なんです!

同じように、他のベーグルも確かに美味しい物もありました(ツナサンドほどの評価はなし。)。がしかーし!この「モントリオール式」という名前はある意味「詐欺」であって、ダイエットコーラ(甘味を抑えましたがカロリーは同じです。)とか、ヘルシー野菜サラダ(ドレッシングが200キロカロリーあります。)みたいな騙され感が漂います。



むー、ヘルシーさを考えてない方には、僕はポコベーグルはとてもおすすめです、とくに「ツナオリーブピクルスベーグル」と「メープルスコーン」はともに相当に美味しいと思います。しかし、ダイエッターは少し気をつけてください。。。
ヘルシー食品ではなく「通常食品」として購入すると、とても美味しくて、満足な「パン屋」さんだと思います!


--------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2011-06-13 17:59:53
地下鉄乗った爆発スイカOnion*5rings, Tomato*4slices

WS000011.JPG
 つい先日、全世界での店舗数において、ファーストフードのマクドナルドやケンタッキーを抜いて、サブウェイが一位になったというニュースがあったのを記憶しています。これは日本でのサブウェイの店舗数が比較的少ないことからみると、日本人からしたら不思議な状況だと思います。とくに都市圏では多いものの都道府県によっては1店舗もないようなところもありますから、日本での展開は「爆進」というよりも、「堅調」ですね~。
 この世界店舗数での計算で首位に躍り出た要因ですが、サブウェイの新興国市場への展開が功を奏してかたちとなったでしょう。(とはいっても、マクドナルドも数日前に最高益の決算予想をあげたばかりですし、これからサブウェイの利益率がどうなっていくかは未知数ではありますが。)

 実際に中国でのサブウェイ(賽百味と書いてSaiBaiWeiサイバイウェイと読みます。)の展開は以上とも言えるほどの速度で増えています。これは僕個人の北京市内での消費者実感としても、各地に次々とサブウェイが出来ていくさまはかなりの急展開だと思います。最近では、中国でも温家宝首相率いる国務院の「意図的な危険食品の摘発」が増えていますね。これはご存知のとおり、いままで産業成長優先で企業のモラル意識に対して当局が暗黙の了解をしていたわけですが、この最近にきて中国内の不満を回避するためのひとつの方策として「この摘発」が一気に増えたわけです。例えば、スイカ爆発事件やドーピング豚肉などは記憶に新しいところだと思います。
 これらは、これまでなかったわけでなく、これまでもあったにもかかわらず故意に無視されてきたわけですね。

 それで、サブウェイといえばマクドナルドやケンタッキーといった大手のファーストフードが安くて美味しいけれども不健康というブランドイメージに対して、高額だけれども健康的というブランドイメージがあります。サブウェイ(参考:http://www.subway.co.jp/)をご存じない方もいらっしゃるとおもうので、補足しておきますと、サブウェイは客がパンの種類、新鮮な野菜、メインの鶏肉やエビなどの具材、そしてソース、ドレッシングをその場、店舗で選択肢、オリジナルの贅沢なサンドイッチをつくってくれるファーストフードの形態です。ですから、他のファーストフードとは趣も異なりますし、またブランドイメージも健康志向で定着してきています。

 

 こうしてみると、まずは中国の市場環境は、中国での政府の危険食品への摘発なども後押しになって、中国大衆の中でアンチ危険食品への意識がゆるやかに醸成されてきているわけです。そして、この方向性とサブウェイのブランドイメージは合致しています。また新興国への積極展開というサブウェイの戦略があります。
これらから、ますます中国ではサブウェイが増えていくのは必至でしょう。

 しかし、問題がまだまだあります。中国内の店舗スタッフのレベルです。他のマクドナルドなどの店舗スタッフは店の奥で画一的な調理作業をおこなうので良いのですが、サブウェイの場合には対面販売における客とのコミュニケーションが重要になります。これはその場でオリジナルのサンドイッチをつくるために、会計だけの手続きではなくて、「会話」が必要になるわけです。この時に僕が10店舗近い異なる店をみてみて気づいたのですが、まったくもってサービス、店舗スタッフ教育の品質が異なるということです。このサービスのばらつきは、ファーストフード店舗展開にとって致命的なミスであります。
 ファーストフードは一見丁寧なサービスにみえても、それはマニュアルでの徹底的な対応項目が画一的になされているということが肝心です。なぜならば、すべての店舗で画一的な製品・サービスを展開することこそが、ブランドを守り、ブランドをつくり上げる唯一重要な戦術であるからです。
 ファーストフードはフランチャイズの一つのビジネスモデルの形態です、どこにいっても同じ味を同じ価格で楽しめるという安心感が、そのファーストフードのファーストフードたるブランド価値を高めているわけです。

 ですから、中国のサブウェイの店舗スタッフのサービス態度のばらつきは大変危険なものです。それだけでなく、サブウェイはその場で作りますから、スタッフによって量が多かったり少なかったりが極端に発生します。以前僕がいってひどかったお店では、中にいれた玉ねぎが「たったひとつの輪っか」でした。ぼくが驚いて「もう少し追加してください」といったら「輪っか」がもう1つ加わっただけでした。みなさんわかりますか?あのオニオンのスライスした円形のやつが何層にもなっているのではなくて、一つの輪っかだけだったんです!(そして態度も悪い)
 また別の店舗では、とても丁寧なコミュニケーションで、何にいたしますか? これがあうとおもいますが・・・などなどと丁寧に回答があり、さらに、中に入る野菜なども調度良い適量で、多くしてくださいといえば嫌な顔ひとつせずにいれてくれます。

 このようにして、店舗ごとの差異は、サブウェイというブランドの価値を向上させません。サブウェイが良い、というよりも「どこの店舗が良い」というだけになってしまい、サブウェイがあればどこでも入ろうという気にならなくなってしまうんですね。

 そんなわけで、だらだらと書いてしまいましたが、せっかくの外部環境がかなり好状況である広大な市場の中国でありまして、中国政府が「無視しなくなった危険食品→大衆のアンチ危険食品意識」という追い風です。だから、企業内部の問題として、これらの画一化にもう少し努力してほしいです、これが見えてきたら、さらに爆発的にサブウェイ来ますよ。
 もしくは、これを達成できる他のファーストフードが出てきたら、そこが中国内では一気にサブウェイを追い抜くかもしれません。

※ちなみに中国のサブウェイは、なんと値段も、プロモーションキャンペーンも店舗によって委ねられています。おそらく企業内戦術レベルで意図的にこうした、現場自由度の高いフランチャイズ契約にしている可能性があるが、長期的な発展には是正されるべき。今は意図的に非画一性による急展開を目指しているのかもしれないですが、画一性に舵取りするタイミングを誤ると他ブランドの追撃により失敗します。



s-20110402148.jpg
(僕の研究在籍する北京大学構内にもこんなゴミゴミした所で、サブウェイが昨年から入り込みました。横の店舗では、ちまきや豆乳、果物が自由市場で売られているオーソドックスな中国スタイルなのに、いきなり突然感がありますねww)


-----------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2011-06-07 00:13:38
国会全員キャベツ畑とキャベツ太郎

BrocolliRom.jpg

 前回のブログであーだこーだとどの機能が良いなどと言っていたのですが、日本に戻ったその日にすぐにスマフォを買ってしまいましたww
僕が購入したのはSIM解除できるドコモの機種で初のスマフォになるSH-40というシャープ製のAQUOSフォンです。他にもGalaxyなどの夏モデル(SIMロックが解除できるモデル)がこれから続々と発売されるのですが、どうしても欲しいレベルがマックスになってしまいました。もともと、アイスクリームなどが食べたくなると深夜でもコンビニに買いに行きますし、「限定」商品などが出るという情報をきくと、発売店舗にかたっぱしから電話をかけるような行動を僕はとるので、今回もその衝動がでてしまいました(汗。 ははは。
 どんなに経営理論やら、マーケティング理論やらの専門知識を頭に入れても、「攻撃」を受ける対象になると、「ま、騙されててもいっか」ってな気分になっちゃうわけですな。

 そんで、このスマフォが便利なこと便利なこと。これまで、使っていたメールは海外で使えるようにカスタマイズしていたため、いわゆる日本国内の携帯のようにプッシュ方式(?というんでしたっけ)メールがサーバーに到着すると同時に、自分の携帯にも受信されるものではなくて、PCのように自分の携帯でサーバーにチェックしに行かないとメールが到着しているかどうかわからなかったわけです。 だから、キャッチボールのようなメールやりとりをしようとなると、1分ごとに自分でサーバー接続をしなければメールが受信できなかったので、相当不便だったんですね。

 それが、このアンドロイド携帯では、これまでのようにI-mode(プッシュ方式メール)も使えますし、3Gの常時接続でGmail連動やTwitter連動できますから、メールが届くとすぐに通知がでるんですねぇ。うーむ素晴らしい。いやこれ、日本国内でI-mode等プッシュ方式のメールになれたみなさんには、別に・・・というところはあるような気がしますが、僕にとっては8年ぶりくらいの久しぶりの便利さなんです。

 いまのところ、ようやく基本機能のカスタマイズができてきたので、さらに使いやすくしていきたいと楽しんでいまーす!


※ぼそっと政治ネタ 大連立!?自民党にとっては今まで対抗軸にしてきたものを自ら崩してしまうという暴挙。。。自民党には短期的な「祖国一致」という大義名分に押されていいのか考えて欲しいものです。与党と野党は「対立」ではなくて「牽制」なのですから、それについて国民の一部から「大連立賛成論」がでたとしても、「牽制」の重要性を貫きとうして欲しかったですねぇ。民主党もいい加減極まりない菅首相、鳩山前首相そしてパワー低下の小沢氏。。。もう、予想されるは、団子になってくっついて、溶けるように崩壊して、部分が結晶のように結合して、さて解散総選挙と。ネオ保守よウェルカム!!



-----------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2011-05-30 20:57:12
クラウディングピーポー・クラウディングモバイル

coconutimages.jpg

 いま僕が使っている携帯は3年くらい前に購入したものなのですが、ついに次の機種を買い換えようかと思います!僕が大学生の頃には、携帯電話の機能が一気に向上する頃で、調度折りたたみが出始め、ディスプレイがカラー化され、着信音もビープ音から和音がだせるようになったころでした。いまから思えばだいぶ劣った性能ですが、当時はその和音の着信音にびっくりしたものです。

 だから、そのころは携帯を買うたびに、カスタマイズを研究し着信音も自作でPCで音符を入力してつくりこみ、その着信音データを携帯に苦労しながら転送する、というような作業をしていました。それが、この数年は機能も「十分」なほどに発達し、ある意味電話の枠を超えたPDA的な機能ももつようになり、もはやカスタマイズといっても、不便さを便利に、というよりも、元々便利なものをさらに自分で使いやすいように、という方向性にかわってきましたよね。

今回ついにスマートフォンにでもしてみようかなぁと思いますが、ひさしぶりに流行の「ガジェット」を手にすることになるので、今から楽しみであります。こういったものに僕は世間が流行る前に購入するものの、携帯電話の機種変更だけは、僕が海外生活が多いという特性上、そして日本での携帯通信会社の課金制度が僕のライフスタイルに適していないという課金システム上の問題から、流行を乗らないリスクをとるだけのマイナス要因がありました。
それが、ついに電池がどうにもならなくなりまして、マイナス要因よりも買い替えへの積極要因が上回りまして、今回機種変更ができるというハッピーな事態がおとずれたわけです!

うーむ、いまからどれにしようか悩みます。楽しみですねぇ。オススメの機種みなさんありますか?ぜひ教えて欲しいです。表面上の機能比較は、職業病といいますか、ヲタク性といいますか、僕は目を皿のようにして、じーーーーっくりみているのですが、実際の使用感評価は、やはりユーザーレビューにかなうものはありません。
せっかくなので、超高性能タイプがいいですね~。日本国内でも使いますがどちらかというと海外のほうが多いので、日本での便利な機能は最低限のデバイス・ソフト(ワンセグ・おサイフケータイ等)が備わっていればいいと思っています。Skypeも入ってて欲しいですね、Acrobatもサクサク動くのが良いですね。ビジネス関係をクラウディング環境にひっぱってきて携帯で操作できるようにしたいです!



※自公が不信任案提出とか。ほー、否決後にその余波がどうなるんでしょうかねぇ。却って民主が固まったりしたら、自公は誤算ですね。現状だと国民世論も民主に批判的とも、現政権に協力して災害を乗り切ろうとしない自公等野党に批判的ともいえるので、ぐだぐだゼリー状態ですな。打破されるとしたら、民主内の「造反」が万が一大量にでたときですよねぇ。ふふ。


-----------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2011-05-27 18:43:17
衆院、参院、秋院

akb48.jpg


 参議院選挙の改革、選挙区の一票の格差是正が主な目的です。民主党が独自の改革案を練っているそうですね。ニュースから内容をみると、「・・・選挙区について、隣接する複数の県を合わせて1つの選挙区にする、いわゆる「合区」を行う方針を決めました。具体的には、鳥取県と島根県を1つの選挙区にするなど、10の県を5つの選挙区にするとしています。また、定数を、比例代表と選挙区でそれぞれ20議席、合わせて40議席削減する・・・」

 ふーん、と思われる方も多いと思いますが、重要なポイントとしては、地元密着の(良い面もいっぱいあるのですが)悪い面である「シガラミ」のようなものが減ることです、一方で、参議院議員の顔は有権者からますます遠くなるという一面もでてきてしまいます。これは表裏一体のことで、有権者のみなさんとじっくりと話しあうことができるということは、特定の周囲の「情に流される」こともあり、それが度を越すと、いわゆる「癒着や汚職」のような状況も発生することすらあるでしょう。難しいところではあります。

 実際に憲法上でも、国政に携わる国会議員は地元(選挙区)に対して特定の政策を考える「べきではない」ということもありますが、かといって地元の有権者のみなさんはそれを望んでいるという実態もあるわけですし、候補者本人としても選出していただいた地元について「一切の感情に流されない」という政策ばかりをうちだすことなんて無理でしょう。

まぁ、そのようなこともあり、「地元密着で、有権者と国会とのパイプ役」を衆議院が担当し、より国全体にかかわることについて参議院が担当するということが、「慣例上」良い役割分担になっていそうです。ただ、これは本来の両院の憲法上の差異ではありませんから、「衆議院の優越」の規定がある以上、国会全体としては国全体政策のことは脆弱で、地元密着的な政策のほうにウェイトがおかれるということになりますね。



 今回の参議院選挙改革で、民主党案がそのまま通るということはないと思いますが、現在の流れから行きますと、遅かれ早かれ、慣例上の「参院」はますます参院らしくなります。有権者から顔が離れていきます。
 これだけグローバル、国際化、産業成長・・・などなどを訴えている僕自身が言うのも変なのですが、何か僕としては選挙活動としては、もっと有権者の方と触れ合うこと自体が増える機会がほしいところですし(現在は、触れ合うことに努力していると、選挙「だけ」を考えるとその触れ合う意味が希薄化してしまっています。当落ラインの得票パーセンテージとして有効的でない状況。)、また、国会議員として選出された後もより参院が重視されて欲しいですし、なんとも改善が欲しい状況です。



 ここからは、軽いブレークタイム的に、雑談のようなものですから、真面目にうけとらないで頂きたいですが、ひとつ思いついたアイディアです。今、議論として、一院制か二院制かというのがありますが、三院制というのはダメなんでしょうかね。衆院と参院と「第三の院」で、「衆院」の優越は変わらず継続。ただし、参院と「第三の院」がともに足踏みを揃えたときには、「参院と第三合意」の優越のほうが「衆院」よりも強い、みたいな。うーむ、このあたり、何かおえらい政治学の学者の皆さんにおききしたいですねぇ。どうも「衆院」と「参院」に二極論も、地元・国全体、優・劣などの役割分担が却って上手く働いてないです。
 全体の議員の人数は同数くらい、または増やすにしても報酬や歳費の総額を一定か減額することで予算はかけずにおいて、議決も三つのすべての院でスムースにできるようにしなければならないですし・・・煩雑そうですが、こうした何か新しいアイディア欲しいですね。
機能や選挙制度、さらには議決の効率性、も網羅的に考慮した「第三の院」構想について、だれかすすめている学者の先生がいらっしゃればお会いしたいなぁと思います。いないですよね??または、一院の中で、3つの選挙制度併用とか・・・。


 AKB48の総選挙では、CD一枚に投票券一枚で、一人で5500枚を購入した強者がいるそうですが、一人一票という大原則は貫く必要が有りますが、有権者の気持ち的にはそれくらい政治の世界での選挙も盛り上がったら良いんですけどね~。じゃぁ、可愛い子やカッコイイアイドルが政治家に・・・ってのもポピュリズムで最悪な自体になりそうですが・・・(笑)。までも、真面目な本当の政治家が、面白いイベントなどをやってったらいいんですよ。僕もガンガンと展開してきますよ~。


-----------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73