年始買い出し掘り出しもの


1238468917_209313035.jpg

本日は御用始めです。
改めまして・・・新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします。

 今年は残念ながら中国にて年越しをしてしまいました。旧正月が一年の区切りのこちらでは、「なにごともなかった」かのように年末年始(大晦日~元日)が過ぎていきます。先日の年越しのその瞬間は、僕はタクシーに揺られて車上で0時を迎えてしまいました。



 あまりにも正月らしくないので、あまり出向かないところに買い物に出かけてみようと思いまして、今回はお茶をもとめにすこし遠出をしました。キームン紅茶というのをみなさんご存知でしょうか?世界にお茶の産地は点在していますが、中国・インドなどは最も生産されている地域でみなさんも想像が出来るところと思いますが、たとえば、中国といえば中国茶と日本でひとくくりにされ、またインドであればダージリンやアッサムといった産地でわけられます。日本ではあまり中国茶を産地でわけませんよね。これ理由があって、中国茶ってあまりにも種類が多く(文化が深く)これを産地で区別しよう、また種類で区別しようとするとかなり困難なことが日本で産地分類されていない理由です(専門店やお茶好きの方は別として。)。日本茶・中国茶と並べてインド茶とも言いませんし、紅茶・緑茶と並べて青茶・黒茶(白茶、黄茶・・・等々の中国原産の茶の区分)というもの日本で一般的ではないです。


 日本は「やぶきた」・「べにふうき」といういわゆる日本茶・緑茶が殆どで、それを原料にしたほうじ茶・玄米をいれた玄米茶などがありますが、いずれにしても、日本の国産茶は緑茶のイメージでしょう。そして、インドは紅茶のイメージ。ならば中国は?というと、中国茶は中国独自のものがあるというよりも、「多すぎて分類できない」、というのが正直なところです(実際には、インドも、日本もその他の生産国も、高級な茶葉であると農園・茶園で区分されますが、そういうことではなくて一般に浸透しているイメージとして)。
 中国茶とよばれると、日本人が一般的に想像するのは、サントリーや伊藤園のマーケティングが成功したペットボトル飲料のおかげもあって「烏龍茶」が最も有名です。それからジャスミン茶もありますね。これらは中国烏龍茶や中国ジャスミン茶でありまして、日本で最も有名な中国を代表する茶葉の種類といえると思います。

 それで、幅広い中国茶の中には紅茶というのも当然あって、これを代表するのがキームンとよばれるものです。僕も日本で紅茶についてあまり詳しくなかった子供の頃にはキームンという産地は中国と思っていませんでしたが、「祁門:チーメン」というのは、中国だったんですね(^_^;)
 ウバ・セイロン・アッサム・ダージリン・キームンといわれてしまうと、何かすべて漢字以外の地名に聞こえてしまいませんか?



 冗談はともかく・・・前段の話がながくなってしまいました・・・ 今回その、祁門紅茶・キームンを求めて僕は茶葉を探しに行きました。

あります、あります、とーっても種類がありました!
値段で表すと下は500グラム数十円(中国では一般的に500グラム=一斤単位で表記します。)から、上は500グラム数万円まで。サスガです。単一の種類のお茶でこれだけのレンジがあると、マニア心をくすぐりますねぇ。ちなみに、この価格は卸売価格に近いものですから、中国でもデパートなどでブランド化されて販売されたり、または海外に輸出されたりすると、この価格は10倍程度にはなるとお思います。例えば、比較的低級ランクのキームンであれば、中国内で500グラム数十円=100グラム数円程度になります。ですから、これが日本で貿易会社に渡る時点で価格が10倍程度になりまして、日本市場で流通されるときには、農薬検査・輸出コストなどが上乗せされても原価としては100グラム100円弱といったところでしょうか。それで、小売の販売価格は300円程度。でしょうかね。これだと、日本の一般的なキームン紅茶100グラム300円といわれて妥当なイメージがするでしょう。
 裏を返せば、日本で100グラム300円のキームン紅茶は、低級ランクのものといっても過言ではありません。

 それで、今回僕が調達したのは、最高級ではないけれど、かなり高級な部類のキームンです。お値段500グラムで数千円(のを何種類か)です。綺麗に揃った茶葉の先端の芽だけが丁寧に揃えられています。茶葉自体がとても綺麗。

s-aa2.jpg

 で、飲んでみたまさに、シルキー・ベルベット!!スムースでまろやかなキームン特有の優しさが舌の上をころがります。苦味や渋味は奥深いところにとどまっていて、前面にでてくるのはゆったりとしたまろやかな香りです。素晴らしく美味しい!!

 確かに、もし日本で購入したら(実際にはこれだけの良い茶葉は、一般ルートで日本に流通しない仕組みになっています。中国内で消費されます。)この茶葉って100グラム数万円程度になるでしょう。高級ダージリンの20グラム売りの缶入りのように想定すれば、20グラムで3000円~(最高級のダージリンだとこれくらいなので、妥当な価格とも)。うーむ、良いお茶です。


 今回のお正月の戦利品は、この高級キームンでありました!あぁこのシルキーベルベットなテイスト最高であります!!



※一言ポリネタ:今回はお正月なので、あまり政治ネタを話そうと思わなかったのですが、新党結党がらみの政局・民主党の瓦解。橋下維新・名古屋・東京都知事連携・地方政党突き上げの政局。かなりの不安定化を見せています。なのでおそらく、「却って」、数ヶ月は解散は無いかなと思っています。突き上げる側も体制が整ってないですし(自・公・み含め)、民主党は現時点でも大負けするので絶対に解散したくない。攻撃側の準備がかなり周到に整い、民主党がボロ負けするとわかっても、にっちもさっちも解散せざるをえない世論になったら・・・ドーンといったところでしょうね。


-----------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------



Thank you !:この記事閲覧しましたら下記、右か左のバナーのクリックをお願いします。1日1クリック。もし可能であれば、両方のクリックがありがたいと思います。by 中川コージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 経営ブログへ

※上の2つのバナーは関連した情報ランキングへのリンクです。
クリックしていただけると、ランキングが上がりブログを見ていただける方が増えるそうです。現在2つのランキングに参加いたしております。いずれかでも構いませんのでクリックお願いいたします。


Link to Japan Innovation Project

-----------------------------------------------------------
著作権等ご注意詳細はコチラ(リンク先下部参照)
-----------------------------------------------------------
Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin